これからの時代を楽しく生き抜きたい女が語る健康・アロマ・足やらなんやら

ボルネオ旅行記⑫ いざ!山頂アタック!

2019/6/6(木)

 

深夜1:30頃起床して朝ご飯!

f:id:lukaroma:20200216214232j:plain

またもやビュッフェスタイル

 

そして2:00頃出発!!

f:id:lukaroma:20200216214445j:plain

真っ暗闇の中出発

大体みんな同じ位の時間に出発するので、行列ができています。

が、ガイドのヘンリーくん、今日はめっちゃハイペースで進んでいく・・・

昨日はゆっくりって言ってたのに。

 

早くテッペンに着いた方がゆっくりできるし、ご来光も見れるしという判断かと思われます。もちろん個人の体調・スピードに合わせてくれるんだけど。

行列をかき分けドンドン進むので少し疲れた・・・

 

最初は木製の綺麗な階段が続きます。

その後木がなくなって、岩場が続くようになります。テッペン感出てきた!!

f:id:lukaroma:20200216215058j:plain

滑らかな岩場

滑らない岩やし、ロープもあるので安心★

ここらへんから、めちゃくちゃ寒くなってきました。

暖かい恰好してください!手袋必須!!それでも寒かった~

 

高山病はどうかなーと心配していましたが、気分悪くなったりもせず元気。

足取りは重くなりましたが、それくらい。

 

そして4:30頃無事登頂!

f:id:lukaroma:20200216215530j:plain

登頂成功♬

この看板の前で写真撮りましたが、寒くて顔真っ青笑

せめてチークと口紅くらい塗っときゃ良かったかな( ;∀;)

他の登山者も次々やってくるので、さっと撮って場を譲ります。

 

そして太陽が昇ってくるのを待ちます。

寒いし眠いしご来光なんてどうでも良くなってました。笑

f:id:lukaroma:20200216220301j:plain

待機中、周りの景色が段々見えてきて感動!!

写真真ん中の人の羽織ってるエマージェンシーシートみたいなの、いいね。

温かそう!!

 

この日は雲が多くて太陽は隠れ気味。

でもまぁまぁ綺麗でしたよ。

うまく撮れなかったので写真はないです。

 

みなさんのその目で、確かめてくださいっっ(`・∀・´)

 

 

f:id:lukaroma:20200216221104j:plain

 

f:id:lukaroma:20200216221244j:plain

 

下山編につづく

ボルネオ旅行記⑪ 山小屋満喫

2019/6/5(水)

約5時間30分かけて山を登り本日のお宿に到着致しました。

f:id:lukaroma:20200214123832j:plain

よく頑張りました~

ラバンラタレストハウスというお名前。

部屋の写真を撮るのを忘れてしまったのでお部屋が気になる方はこちらを・・・

www.mountkinabalu.com

個室もあります。

もちろんお値段も張りますので、私たちはドミトリー一択!!

二段ベッドが二つ並んだ4人用のお部屋です。

 

本日の同居人は、スコットランド付近からお越しのカップル。

一つのベッドに二人で寝るというアツアツぶりをご披露して頂いております!!

疲れへんのかしら・・・

 

f:id:lukaroma:20200214125301j:plain

ここは食堂

壁には写真や格言?が書かれた額がたくさん飾ってあって可愛い♬

部屋にも「結婚とは・・・」みたいな格言があって写真撮ったはずなのにない。どこいった(゚д゚lll)

 

f:id:lukaroma:20200214125620j:plain

ジェンガで暇つぶし

食堂の窓からは眼下に広がる熱帯雨林を眺めることができます。

すっごく綺麗な景色なんですけど、窓に張り付いてるでっかいハエが気になってしょうがない。

f:id:lukaroma:20200214140046j:plain

外に出ればこんな景色

 

さぁ、ディナーの時間です!

f:id:lukaroma:20200214131727j:plain

 なんとビュッフェ形式!!すごい~

f:id:lukaroma:20200214131952j:plain

フルーツもありました。真ん中のスープはなんだっけな?

美味でした。

f:id:lukaroma:20200214132202j:plain

この日はざっくり分けてアジア系・欧米系も同じ割合くらいでいたように思います。

アジア人は中華系マレーシアンかなぁ?っていう印象。

日本人は他にいませんでした。

次の日の下山の時は、何組かの日本人グループとすれ違いました。

 

f:id:lukaroma:20200214134006j:plain

お水は買っておいた方がいいかも?

そういえば、シャワーを食事前に浴びようとしたんです。

蛇口をひねったら冷水!!!!!!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン!!!!

しばらく待ってみても温水にならず・・・

ここのシャワーはソーラーで水を温めるタイプみたいで、貯めるお湯の量にも限りがあるらしく、私のタイミングではお湯はナシ!!昨日ずっと雨だったせいか??

2日続けてお風呂入れずです!!!

ご注意くださーい!!

 

部屋に戻ると同居人彼氏の方が「シャワーやばかったやろ?」と・・・

ご存知でしたか!!!笑

 

次の日は深夜の登頂アタックになるので、早めに就寝。

19:00頃ベッドに入ったと思います。

でも相部屋やし、ドキドキワクワクしてるしで、なかなか寝付けず・・・

高山病も心配だし体調も万全で挑みたいですね!!

 

おやすみなさい(`・ω・´)

f:id:lukaroma:20200214135930j:plain

夕日が綺麗でした

 

ボルネオ旅行記⑩ 山を楽しむ~写真多めでお送りします~

2019/6/5(水)

キナバル登山のスタートです!!

Lets Go!!

ちなみに出発地点の標高は約1890m 時刻は8:35です。

f:id:lukaroma:20200211195545j:plain

 

 

f:id:lukaroma:20200211200346j:plain

登山道が綺麗に整備されていて、階段がたくさん。

80~90%が階段だそうです。

ヘンリーくんが「とにかくゆっくり、自分のペースで行こう。時間はたっぷりあるから」と言っていたのでのんびりと。

 

f:id:lukaroma:20200211200855j:plain

 人慣れしたリスがたくさんいて食べ物をねだる。

すばしっこい。

f:id:lukaroma:20200213203321j:plain

小さいウツボカズラ!可愛い~

 

元々寄り道の多い私たち、色んな大きさのウツボカズラやランなど熱帯雨林の植物に気を取られながら、写真撮りまくりながら、食べられる実など、植物の事を教えてもらいつつ進みました。

 

4km地点でランチタイム 時刻は11:45 順調に登っております。

f:id:lukaroma:20200213204856j:plain

お昼ごはん。豪華すぎる

 

ここまでの道のりは大体階段で、危ない箇所があまりない為安心感があります。

あとは自分のガッツのみ!!という感じでしょうか。

 

f:id:lukaroma:20200213205707j:plain

THE ウツボカズラ!!ちょいキモ!!

 

 

f:id:lukaroma:20200213205923j:plain

膝上の筋肉の立派なこと!!

ポーターさんにもたくさんすれ違いました。

山小屋へ水や食料を持っていく人、登山者の荷物を運ぶ人(別料金)

ヘンリーくんも13歳から24歳までこの仕事をしていたそう(大変・・・)

 

f:id:lukaroma:20200213210804j:plain

ラブリーです

f:id:lukaroma:20200213211648j:plain

本日の目的地に到着~

標高3072.7m地点 時刻は14:00頃 無事到着です!

スタート地点から約5時間30分

顔は隠してますが、晴れやかな顔をしていますよ。

思ってたよりラクだったような。天気にも恵まれたのが良かった。

 

そしてお楽しみ!リゾート会社の運営する山小屋とはどんなものでしょ~

上の写真の左に見えてる建物ですね。

 

つづく

 

ボルネオ旅行記⑨ いざキナバル山登山へ!

2019/6/5(水)

天気も回復したし、気分良し!

朝ご飯食べていざ山へ!

f:id:lukaroma:20200211173159j:plain

朝ご飯ついてます

 

乗せてもらったのがこちらで人気のハイラックス!

f:id:lukaroma:20200211173443j:plain

画像はWikipediaから

 

オットが「うしろに乗りたい!」と言ったら乗せてくれたので私も!

気持ち良かった~

 

キナバル公園へ入るときにゲートでお金を払うのですが、私たちは前日温泉などへ入るのに入場券を買っていたので、それが使えました。3日間くらい有効だった気がします。

 

 

f:id:lukaroma:20200211175356j:plain

受付中

 

f:id:lukaroma:20200211184245j:plain

何かあっても自己責任ですよ的な?

受付やら荷物の預ける手続きやら。それが終わったら別の棟に行って何かまた別の手続き・・・

ツアーで申し込んだらもっとラクなのかもしれません。

その分金額は高くなると思います。

 

私たちは自分で申し込んで、お値段RM2618!

日本円で約70,000円でした。

 

高いよね。登山するのに7万ってどういうことやと思いませんか?

 

この山は世界遺産になっていて、整備にお金がかかるんだと思います。

富士山より高い(標高4095m)で初心者でも登れる位、整備されているので。

また登山者が宿泊する山小屋は、地元のリゾート会社が運営しています。だもんで、とっても豪華な作り!

 

はぁ、なるほどねーと登ってて思いました。

 

なんとか受付やら何やらが終わってIDカードをゲット!!

f:id:lukaroma:20200211175654j:plain

おもて

f:id:lukaroma:20200211175746j:plain

うら(名前と番号)

遭難、滑落など万が一の時に識別として使うのかな。

 

そして今回のガイドさんとご対面!!

29歳のヘンリーくんだかハリーくんだか!!(名前の表記がhenrryのとherryのとがあって混乱)

f:id:lukaroma:20200211180235j:plain

宜しくね~

出発ゲートまでバスで移動して、ヘンリーくんがルートや登山時間、注意事項などを説明してくれます。

 

さぁワクワクドキドキの登山出発!!!

登山経験豊富ではない女子30代、4000m級は登れるのか!!??

 

つづく

 

 

 

 

ボルネオ旅行記⑧ 湿った宿で一泊

あけましておめでとうございます。

ずいぶん更新が滞っておりました。

 

2月中にボルネオの記事更新したら寿司食べる!!と宣言したので、更新します。

 

さぁさぁまだ2019年6月4日(火)です。

キナバルパークで遊んだあとは宿へ向かいます!

 

 

lukaroma-survive.hatenablog.com

 

タクシーに乗り込んだ途端に始まった豪雨・・・

宿についてからも止む気配はございません。

 

 

本日のお宿はハッピーガーデンリゾート★名前がいいですね。

www.booking.com

 

お値段がお安かったのと、口コミの中に「キナバル山の入場口まで車で送ってもらえた」と書いてあったのが決め手になりました。

翌日から世界遺産のキナバル山に登山する予定なのでした。

キナバル公園内にも宿はあるのですが、少しお高い・・・

なんせ登山にすごくお金がかかるので、ここは予算を抑えたいところ!!!

 

予約した時に、入口まで連れていってもらえるか?というメールを送りました。

お返事は「まぁ行けるけど、歩いてもいけるよー?」みたいな。

「こちとら大きいスーツケース二個あるんですわ、なんとかお願いします!!」

「わかったー、OK!」

みたいなやりとりをした氣がします。(うろ覚え)

 

 さて、入室!

f:id:lukaroma:20200211165059j:plain

眺めの良いお宿でございまーす

眺めがいい。だけど豪雨で何も見えない・・・

そして部屋の何もかもが湿っている・・・

寒い・・・

水着が乾かない・・・

 

こんな所もあるんだなぁと、感心してしまいました。

 

手作り感があって、隣との壁は板一枚で隔てられている感じ。

いいんですよ、うん、全然。もう、気にしない。

 

でも登山の前日にこの宿は体調を整えるのには向いていないかもしれません。

 

天気が良ければ気にならないかもしれない。

 

あ、スタッフさんの印象はすごく良いです!!!(フォローしとくね)

 

f:id:lukaroma:20200211171145j:plain

ご飯時も雨が酷くて外出できず

 

f:id:lukaroma:20200211171449j:plain

宿内にカフェがあったので、軽食で済ますことに。

f:id:lukaroma:20200211171647j:plain

レンチンじゃなく作ってくれる

f:id:lukaroma:20200211171829j:plain

 

ごはんを食べてのんびりして。

お風呂に入りたかったけど、全てが湿っているから、シャワー浴びても不快感が増すだけや!ということで浴びずに就寝。

 

でも布団も湿っているから不快やし寒くて眠れない笑

 

こんなコンディションで明日大丈夫だろうか・・・

というか登山中もこの雨やったら嫌やなぁ。

とウダウダ考えているうちに入眠・・・

 

次の日は晴れました!やった!

f:id:lukaroma:20200211172427j:plain

 

つづく

沢登のあとは数日調子が良い 


9月中旬今シーズン初の沢登に行ってきました。

 

沢登(さわのぼり)とは

渓谷、沢を流れとは逆に上がっていく遊び

こんな説明でおわかり頂けるでしょうか?

 

シャワークライミングとかキャニオニングとかっていうのもたぶん同じものです。

 

シャワクラ、キャニオニングはウェットスーツがっつり着て、水遊びメイン

沢登はクライミングメイン

みたいな感じかなーって勝手に思ってます。

私たちはがっつり水遊びなのでシャワクラというべきなのかも。

 

 

今年は梅雨明けが遅く、なかなか沢に行くテンションになりませんでした・・・

寒いの嫌です・・・( ;∀;)

また、なかなか沢友達との都合が合わず参加できない、ってことが続き、やっと9月に初入渓となりました。

 

行ったのは「八淵の滝」

滋賀県高島市にあるガリバー旅行村の敷地奥にございます♪

f:id:lukaroma:20190929181044j:plain

 

いつもは5~8人くらいで行くのですが、今回はオットと二人。

入渓前から少し緊張します。

 

二人で行くと、私の後ろには誰もいないわけです!

少し高さのある滝とか岩を登らなければいけない時に、後ろでサポートしてくれる人がいない!!これはとっても怖いです。

 

登るのが難しい箇所はオットが上からロープを垂らしてくれるのですが、それがあったとしても、安定した場所から足場を探りながら次の一歩を踏み出すのは自分なのです。

ロープを体に巻きつけて引っ張りあげてもらうなんてことはありません。

何人で行っても結局、足を踏み出すか出さないか、決めるのは自分。

 

自分を過信しすぎず、極力冷静に、恐怖と向き合う。

(ロープと自分を繋いで、落ちないようにするギアあるんですけどね、ギアとかロープワークとかね、苦手なの。練習せなあかんのはわかってるんですよ。うん。)

 

登れた時は本当に嬉しいです!

でも「もう嫌や(ノД`)・゜・。」って思ってる場合も多々ある・・・

 

もちろん、無理な場合はギブアップして、他のルート探します。

 

今回行った場所は登山道が沢のそばにずっとあるような所だったので、いつでもエスケープできるという安心感はありました。

 

でもその登山道もなかなか恐怖です。

f:id:lukaroma:20190929184214j:plain

引っ張られるな!自分!!

こういうの見ちゃうと意識がそっちに引っ張られるので、気にしないように行きはチラ見でスルー。

f:id:lukaroma:20190929191917j:plain

スタート★

f:id:lukaroma:20190929192312j:plain

この日はとても暑くて、沢登日和でした♬水がなかなか冷たくて気持ちいい~

透明度もあります~サイコー!!!

 

ちなみにわたし、世界一ヘルメットが似合わない女と自負しております。

みなさん何も言わないでね。わかってるから!!!(´;ω;`)

 

上の写真の滝は足場がしっかりとあって、スムーズに登れました♪よかった!

 

そう、八淵というだけあって滝が多い・・・

滝が多いということは高低差があって、滝を登るにしても、巻くにしてもどちらにせよ怖いです。

 

f:id:lukaroma:20190929193110j:plain

最近お気に入りのポーズで 

写真右上見えますでしょうか?ガリバー旅行村のシャワクラツアーのみなさんが下の方に見えますね。結構高低差ありますーこれ。

ポーズ決めてますけど、私ガクブルしてますよ。

 

この写真は先ほどとは別の滝を登ったあとですが、しっかり足場が打ち込まれていたり、はしごがかけてあったりして、とっても気がラクでした。

 

ありがとう・・・

 

f:id:lukaroma:20191004205306j:plain

 

 

 

f:id:lukaroma:20191004205747j:plain

あー癒される

f:id:lukaroma:20191004205900j:plain

あー最高

f:id:lukaroma:20191004210307j:plain

サーフィン用のウェットスーツで防寒してます

 

f:id:lukaroma:20191004220514j:plain

ここらでお昼ごはん



お昼ごはんの後は、休憩タイム

オットは岩の上でお昼寝。

わたしはアーシングしてました。

f:id:lukaroma:20191004211814j:plain

沢靴脱いで~靴下脱いで~

f:id:lukaroma:20191004211916j:plain

冷たいけどほっとする

沢登に行った時はなるべく靴を脱いで裸足になるようにしてます。

普段の生活で溜まりに溜まった色んなものをココで出させてもらって、川からエネルギーをもらう・・・ってイメージしながら。

 

気持ちいいですほんとに。

 

家に帰ってから、数日は本当に心も体も調子が良いんです!!!

ご機嫌です。

余計なものが体にない感覚?スッキリ爽やかみたいな?

 

無事に帰ってこれた安堵感

難しい岩を登れた達成感

綺麗な川を堪能できた満足感に幸福感

 

恐怖も時々あるけど心から好きなことができた、というのと色んなものが出て行ったのと両方だと思う。

 

みなさんも、大好きなことしてくださいね。

あとアーシングもしてくださいね。

川じゃなくても、土の上、海、芝生とかで裸足になって、のんびりと。

あー考えただけで気持ちがいい♬

 

f:id:lukaroma:20191004220610j:plain

ぴょこん★

 

じゃーねー

 

 

 

 

 




 

 

 

マキタの掃除機が欲しい~プレゼンブログ~

ちゃーす

 

我が家には掃除機がありません。

 

この家に住んで2、3年経ち、なんだか最近「あれ、掃除機欲しいぞ?」と思うようになりました。

 

オットに「掃除機欲しいんやけどー」と話すと、「じゃあプレゼンよろ☆」と言われたのでブログにします。

 

まずなぜ家に掃除機がないのか

 

①オットが掃除機の音が苦手

掃除機だけじゃなく色々な音に少し敏感らしく、人の多いところ、バスの中も苦手。

人の多い地下街で、イヤホンして、目をつぶり、私の腕をつかんで歩いていたこともあります笑

 

②家が広くない

2DKくらいの家ですので、掃除機なくともクイックルワイパーで済むんです。

 

③オットは箒を使いたい

掃除が元々苦手な人で、部屋を片付けることに対して抵抗がある様子

お気に入りの道具を使って掃除をすれば、苦にならないのでは?と東北まで箒作りの修行をしにいってました。

今ウチにあるのは修行先で作った箒です。確かに使い心地は良いと思う。

 

現在は畳敷きの寝室と脱衣所、玄関はオットが朝、箒で。それ以外の部屋は私がワイパーしています。

 

ただ、毎日しているかと言うとそうではなく、出来ない日もあります。

 

特に私は週2回の可燃ゴミの日にまとめてワイパーする事が多いです。

(あら、汚いわーというお声が聞こえてきそう・・・笑)

 シートを棚から出して、ワイパーにセットしてスタートってのも面倒なのかも。

 

 

 

ワイパーを使い続けて思っていること

①ワイパーは静かで簡単に使えるが、取り切れないゴミがある。

 ホコリや髪の毛は面白い程にくっついてくれますが、少し重みのあるゴミに関しては取れないことが多い。砂とかお煎餅のカスとか。

取り切れないゴミをどうしているかというと、集めて手で取って捨てているのです。

なんとまぁ。手間のかかること!!

ワイパーだけなら時間はかかりませんが、集める作業に時間を取られます。

だから面倒になってしまうのだ!!

そんな時の箒だと思うかもしれませんが、細かいのって箒でもあまり取れないんですよね。箒の種類にもよるかもしれませんが。

 

②ワイパーシートを捨てることに少し抵抗あり

使い捨ては便利だけど、ちょっともったいないなぁと思っています。罪悪感のような。

じゃあ、コレが繰り返し使えるシートなら?と考えると洗濯する水ももったいないし、時間もかかる。

 

箒はダメなのか?

家にある箒は柄が短いタイプなので、腰を少し曲げて使う必要があって、面倒くさい。

あと、ホコリが舞うのでキッチン周辺で使うのはちょっと嫌だな。

ホコリが舞わないような掃き方があるのかもしれないけど、私は遠慮しときます。

 

私が熱望しているのは大人気のマキタ!!

f:id:lukaroma:20191004203738j:plain

これは14.4Vのタイプ

 

なぜマキタ?

・コンパクトで軽い

・コードレスなのでどこへでもスイスイ

・見た目がうるさくない

・スティックタイプなのでホコリが舞いにくい(たぶん)

・ヘッドが小さくて薄いので棚の下も入る

・ヘッド裏の構造がシンプルで髪・ホコリが絡まない

f:id:lukaroma:20191004203536j:plain

マキタのウェブサイトより拝借致しました

カップ式がありエコロジー

・さらに外付けのサイクロンカップがあるのでゴミを捨てる時にホコリが舞わない

リチウムイオン電池は長く使える

・お手入れしやすい

・紐がついているので壁に掛けれる。省スペース

・お値段もお手頃

 

マキタを買う事でどうなる?

・家に帰ってきたら、料理する前にさっとお掃除できる♬

オットは私より帰ってくるのが遅いのでうるくないし、階下の住人さんも帰ってないので迷惑になることもなし!!

・休みの日に掃除にかけていた時間がグッと短くなり、もっと有意義に使える!!

・今まで掃除がしにくかった押し入れの中も綺麗にできる!!

 

家が綺麗じゃないと落ち着かないけど、休日を満喫する時間も欲しい。

 

マキタなら、どちらも、叶えられると思いますっ(∩´∀`)∩

 

 

オットよ・・・

 

どや?